小学生の子どもの教育に悩むママへ
小学生の教育

子供の教育費はいくら必要?不安を減らすためには『知ること』が大切

教育費の不安

現在、我が家で加入している学資保険の満額は300万円です。0歳から加入して月々頑張って払っていますが、これだけで大学卒業までの学費が賄えるわけじゃないんですよね?

今は公立の小学校に通っているため、学校でかかる費用と言えば、指定の体操服を買ったり家庭科で使う調理実習の材料費を払うくらいです。

でも、今後のことを考えると漠然とした不安があります。その不安は日に日に大きくなります。

教育費ってどんな風に貯めているんでしょうか?このままで大学卒業までちゃんと通わせてあげることが出来るんでしょうか?

そんな不安を解消するためにも、この記事ではまず、この先中学・高校でかかる教育費用を把握しておきたいと思います。

きちんと『知ること』でこれからの貯蓄計画をたて、不安を取り除きましょう。

 

中学校・高校の学習費 6年間の合計は?

6年間の学習費

初めに、子供が小学校を卒業し中学・高校に進学した時に6年間でかかる費用を調べました。

中学・高校とも公立に進学 2,788,208円
中学は公立・高校は私立に進学 4,556,166円
中学から私立に進学 7,101,303円

※数字は文部科学省が発表している『平成28年度子供の学習費調査の結果について』を引用しています。⇒子供の学習費調査

そりた
そりた
こんなにかかるなんて、ちょっとめまいがするわ・・・

そう、合計金額だけを見ていると不安は一層深まるばかりです。そこで、6年間の合計ではなく、中学・高校それぞれを詳しく確認していきましょう。

中学校でかかる学習費 3年間ではいくら?

中学の学習費

この表は文部科学省が発表している『平成28年度子供の学習費調査の結果について』から中学校でかかる学習費をピックアップしたものです。

公立に進学した場合 私立に進学した場合
学校教育費 133,640円 997,435円
給食費 43,730円 8,566円
学校外活動費 301,184円 320,932円
1年間の合計 478,554円 1,326,933円
3年間の合計 1,435,662円 3,980,799円

学校外活動費は、塾や習い事に係る費用のため、家庭によって異なりますが、平均値を記載しています。

仮に公立に進学した場合、3年間で144万円ほどかかることになります。
これだけ聞くとぞっとしますが、単純計算で年間48万円、月に4万円となります。

ちなみに私立の場合は3年間で400万と考えると年間130万、月11万円程です。

 

高校でかかる学習費 3年間ではいくら?

高校でかかる学習費

この表は文部科学省が発表している『平成28年度子供の学習費調査の結果について』から高校でかかる学習費をピックアップしたものです。

公立に進学した場合 私立に進学した場合
1年間の学校教育費 275,991円 755,101円
1年間の学校外活動費 174,871円 285,067円
1年間の合計 450,862円 1,040,168円
3年間の合計 1,352,586円 3,120,504円

学校外活動費は、塾や習い事に係る費用のため、家庭によって異なりますが、平均値を記載しています。

給食費はなくなりますが、お弁当代がかかるようになります。

仮に公立に進学した場合、3年間で135万円ほどかかることになります。
これだけ聞くとぞっとしますが、単純計算で年間45万円、月に3.75万円となります。

ちなみに私立の場合は3年間で312万と考えると年間104万、月8.6万円程です。

 

中学校・高校の学習費 1か月平均にすると?

学習費の1か月平均

6年間の金額を72で割り、1か月平均を計算しました。

進学の種類 6年間の合計 1か月平均
中学・高校とも公立に進学 2,788,208円 38,725円
中学は公立・高校は私立に進学 4,556,166円 63,280円
中学から私立に進学 7,101,303円 98,630円

※6年間の合計金額は文部科学省が発表している『平成28年度子供の学習費調査の結果について』を引用しています。⇒子供の学習費調査

 

そりた
そりた
中学・高校が公立なら月4万円の計算になるのね!

4万円だから大丈夫というわけではありませんが、合計金額だけ見て不安になるのではなく、今から月4万円を教育費に回せるように考えれば、少し気が楽になりますね。

例えば、スマホを格安SIMに変える・電力自由化を考えてみるといった節約も大切です。一方、副業で月1万円の収入を確保することだって出来ますよね。

 

そりた
そりた
大学に進学した場合はどうなるの?

大学に係る費用は、『(準備中)』を見てください。

 

おわりに

不安を減らす

進路別の教育費って雑誌でもよく見かけますよね?

私は、この『教育費の合計額』だけを見て怯えていたことがよくわかりました。

もちろん教育費を貯蓄していくことは大切ですし、必要なことだと思います。ただ、合計額だけを見て不安になるのはやめよう、それよりも今出来ることは何かを考える方に時間を使おうと思えるようになりました。

 

成長するにつれ被服費・食費も増えていきますが、それはまた別の機会に♪