小学生の子どもの教育に悩むママへ
小学生の教育

小学生が英検5級に合格するためのおすすめ本・テキストはどれ?

英検5級のススメ

『公益財団法人 日本英語検定協会』が行う『英検』は、英語の能力を客観的に知ることが出来るテストです。

小学生以下で英語を習い始めたら卒業までに5級は取っておきたいと言われています。実際、小学生で英検5級を受験する子は年間16万人もいるのです。

 

英語を習っているお子さんは、今どのくらい出来るようになったのか、習熟度のチェックってどうしていますか? レベルのチェックって家庭ではなかなか難しいですよね。

そんな時に、役に立つのが『英検』です。小学生で5級を受験する子供の数は年々増えています。英語の学習を頑張った成果を確認するためにも、英検を受験してみてはいかがでしょうか?

2018年度 第3回検定は2019年1月27日(日)です。

受付期間は11/30(金)~ 12/26(水) ※書店受付締切は12/19(水)

英検5級合格のポイントを確認する

これから英会話スクールに通うことを検討している方は『子供の英会話はいつから始める?スクールってどんなことするの?』も参考にしてください!

 

この記事では、英検とは何なのか? 小学生におすすめの級は何級かを解説し、英検の申し込み方法や英検教材をご紹介します。

 

英検って何?

英検の歴史

英検の歴史は古く、1963年に遡ります。第1回実用英語技能検定は1級~3級の3段階のみ、約38,000名が受験しています。

現在では年間約230万人が受験している人気の検定です。

徐々に4級・5級や準1級・準2級が増えていき、50年以上にわたり、日本の英語普及・能力向上に貢献してきています。

 

英検とは

公益財団法人 日本英語検定協会が実施する「聞く」、「話す」(3級以上のみ)、「読む」、「書く」の4技能を測定し、合否を判定するテストです。

正式名称は『実用英語技能検定』と言います。

高校や大学での入試優遇や単位認定や入社試験での優遇があるため、子供が小さい頃から受験を検討する方が多いのが特徴です。

小学生が英検を受けるなら何級がおすすめ?

小学生の英語

小学生で英語を習っているのであれば『5級』を取得して卒業しておくのが理想です。英検5級は中学初級レベルになります。

5級に合格すると『初歩的な英語が理解でき、それを使って表現することができる』レベルであることが証明されます。

 

英検はレベルに応じて7段階の級が設定されています。それぞれの級のレベルと出題形式をまとめましたので参考にしてください。

中学レベルの5級~3級

レベル 出題形式
5級 中学初級レベル ・筆記・リスニング
・スピーキングテスト(録音)
4級 中学中級レベル ・筆記・リスニング
・スピーキングテスト(録音)
3級 中学上級レベル ・筆記・リスニング
・面接

スピーキングテストは2016年から導入されました。パソコン・タブレット端末・スマートフォンを利用して自宅で受験します。

3級から2次試験(面接)が行われます。

スピーキングテストの詳細を見に行く

高校レベルの準2級と2級

レベル 出題形式
準2級 高校中級程度 ・筆記・リスニング
・面接
2級 高校卒業程度 ・筆記・リスニング
・面接

2級に合格すると、海外留学の履歴書で優遇されます。

大学レベルの準1級と1級

レベル 出題形式
準1級 大学中級程度 ・筆記・リスニング
・面接
1級 大学上級程度 ・筆記・リスニング
・面接

準1級に合格すると、「実際に使える英語力」の証明となります。1級の2次試験では2分間のスピーチがあり、スピーチの内容について質問がなされます。

英検5級の申し込み方法

英検5級の1次試験を個人で申し込む場合、『インターネット』『コンビニ』『特約書店』の3つの方法があります。

英検5級 1次試験

インターネットによる申し込み

英検サイトにてインターネットから申し込みを行う場合は、英検IDが必要になります。申し込み期間内に、サイトから申し込みを行います。

検定料の支払いは次の3つより選ぶことが出来ます。

  • クレジットカード(JCB・MASTER・NICOS・VISA)
  • コンビニ支払い
    (ローソン・ミニストップ・セイコーマート・ファミリーマート)
  • 郵便局ATM(Pay-easy)

 

コンビニからの申し込み

コンビニで申し込みを行う場合、店内にある端末機で申し込みを行います。ローソン、ミニストップ、セブンイレブン、ファミリーマート、サークルKサンクスで受付しています。

端末機で登録したら、レジで検定料を支払うだけで願書の送付は不要です。

 

特約書店で申し込み

特約書店での申し込みは、書店にて検定料を支払います。『英検を受験したい』と伝えれば、願書など申し込み書類を一式もらうことが出来ます。

検定料を支払うと、書店払込証書が貰えるので願書と共に専用の封筒に入れて、協会へ送ります。領収書は大切に保管してください。

 

2018年度 第3回検定は2019年1月27日(日)です。

受付期間は11/30(金)~ 12/26(水) ※書店受付締切は12/19(水)

英検5級 スピーキングテスト

スピーキングテストは、1次試験終了後、自宅で行うテストです。5分ほどで受験することが出来ます。

申し込みは『スピーキングテスト特設サイト』から行います。スピーキングテストの合否は、1次試験とは別で独立した判定のため、1次試験の合否に関わらずどなたでも受験することが出来ます。

スピーキングテストの特設サイトを見に行く

英検受験におすすめの教材

おすすめの教材

おすすめ書籍

でる順パス単

過去5年間の英検データを分析し、出題されやすい単語を、出る順に掲載した単語帳です。英検だけでなく、英語の家庭学習用としても利用する方が多い人気の単語帳です。

created by Rinker
¥1,026
(2018/11/17 18:26:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

7日間完成 英検5級予想問題集

最新の英検に対応した本番形式の問題集です。1日1セット行えば7日間で合格に向けた総仕上げが出来るように構成されています。

検定の直前対策におすすめです。

created by Rinker
旺文社
¥907
(2018/11/17 18:26:21時点 Amazon調べ-詳細)

英検5級 過去6回全問題集CD

英検5級で出題された過去6回分のリスニングが収録されたCDです。実際の試験と同じスピードで収録されているので、テストを安心して受験することが出来ます。

CDに収録されている英文と問題・解答が冊子にすべて掲載されているので、試験会場に持ち込む本としても最適です。

 

英検ネットドリル


【旺文社 英検ネットドリル】は、先におすすめした3冊の書籍(「でる順パス単」「7日間完成予想問題ドリル」「過去6回全問題集及びCD」)を1つにまとめた本格的なネット教材です。準1級~5級に対応しています。

ネットドリルの無料体験をやってみる
※公式サイトのトップページに無料体験へのリンクがあります。

充実の機能

  • 一度間違えた問題を効率よく学習できる弱点チェック機能
  • 単語にカーソルを当てると、単語の意味が表示される辞書機能
  • 何度でも受けられる全国模試
  • 毎回ランダムに出題されるテスト

インターネットの特性を生かし、パソコンやタブレット端末がネットにつながる環境であればどこでも利用できるのが嬉しいポイントです。

その場で採点を行うことができるので、学習に集中できます。

利用方法

インターネットからIDを取得して支払いを行うと、ネットドリルが利用できるようになります。

支払い方法は、クレジットカード・コンビニ支払いの2種類あります。

クレジットカード決済の場合は決済後すぐに利用開始出来ますが、コンビニ支払いの場合は入金確認後にメールにてお知らせがあります。

英検ネットドリルを申し込む

利用料金

5級なら7,560円毎日24時間利用し放題です。

5級 4級 3級 準2級 2級 準1級
7,560円 8,640円 9,720円 10,800円 10,800円 12,960円

英検対策としてだけでなく毎日の英語学習のサポート教材としても活躍します。

 

英検ネットドリルの公式サイトを見に行く

おわりに

英会話スクール

小学生におすすめの検定は、英検以外にも『漢字検定』『算数検定』があります。詳しくは『小学生におすすめの検定は?人気の漢検・英検・算検を受けよう!』で紹介しているので、参考にしてください。

漢字検定にも興味のある方は、『小学生の漢字検定は何級から?次の検定はいつ?秋には去年の級の合格を!』がおすすめです。

算数検定について詳しく知りたい方は『【算数検定】小学生の算数力を高める実用数学技能検定を受けよう』も見てください。

英検5級に合格することで、簡単な英語を理解して使える証明となり、それが子供の自信につながります。

毎日頑張って勉強している英語の力を測る手段として、英検の受験をしてみてはいかがでしょうか?

 

英検の公式サイトを見に行く