小学生の教育

英語検定|個人受検の申し込み方法は?年3回ある英検受検を英語力チェックに使おう

英語の勉強

この記事では、英語検定の個人受検申し込み方法をご紹介します。

 

小学生で英語を何らかの形で習っている子は、5級~3級程度の受検を考えている子が多いです。

英検5級~3級は、中学生レベルの英語力で受検できるテストです。(2019年現在)

 

中学入学後、英語の授業に自信をもって取り組めるように、まずは英検5級を目指してみてはいかがでしょうか?

当ブログでは、英検5級受検時におすすめの本・テキストをご紹介しています。

 

受検する級を決める

英検を受けるメリットとは?小学生が受検する意味はあるの?では、英検受検のメリットとともに、各級のレベルを紹介しています。

まずは、英検で受検する級を決めましょう。

中学生レベルの5級~3級が受けやすく、目指しやすいランクになります。

 

試験を受けることに慣れていない子なら、5級から受検し自信をつけることをおすすめします。

中学受験を目指すなら、4級までは取得しておきたいところ。もちろん3級以上の合格も、目指せるならどんどん受検しちゃってください。

年齢制限はありません。

 

個人受検で英検を申し込む方法

英検5級の1次試験を個人で申し込む場合、『インターネット』『コンビニ』『特約書店』の3つの方法があります。

英検5級 1次試験

インターネットによる申し込み

英検サイトにてインターネットから申し込みを行う場合は、英検IDが必要になります。申し込み期間内に、サイトから申し込みを行います。

検定料の支払いは次の3つより選ぶことが出来ます。

  • クレジットカード(JCB・MASTER・NICOS・VISA)
  • コンビニ支払い
    (ローソン・ミニストップ・セイコーマート・ファミリーマート)
  • 郵便局ATM(Pay-easy)

 

コンビニからの申し込み

コンビニで申し込みを行う場合、店内にある端末機で申し込みを行います。ローソン、ミニストップ、セブンイレブン、ファミリーマート、サークルKサンクスで受付しています。

端末機で登録したら、レジで検定料を支払うだけで願書の送付は不要です。

 

特約書店で申し込み

特約書店での申し込みは、書店にて検定料を支払います。『英検を受験したい』と伝えれば、願書など申し込み書類を一式もらうことが出来ます。

検定料を支払うと、書店払込証書が貰えるので願書と共に専用の封筒に入れて、協会へ送ります。領収書は大切に保管してください。

 

2019年度 第3回検定は2020年1月26日(日)です。

受付期間は 11/22(金)~12/12(木) ※書店受付締切 12/6(金)

英検5級 スピーキングテスト

スピーキングテストは、1次試験終了後、自宅で行うテストです。5分ほどで受験することが出来ます。

申し込みは『スピーキングテスト特設サイト』から行います。スピーキングテストの合否は、1次試験とは別で独立した判定のため、1次試験の合否に関わらずどなたでも受験することが出来ます。

スピーキングテストの特設サイトを見に行く