小学生の遊び

子供の1日のゲーム時間はどのくらい?時間制限はかける?闇雲に禁止はしたくない

テレビゲーム

あなたのお子さんが好きなゲームは何ですか?

普段、どのくらいの時間ゲームで遊んでいますか?

時間制限を設けていますか?守られていますか?

 

現在、小学6年生の息子がはまっているゲームは

  • マインクラフト
  • フォートナイト
  • スーパーマリオメーカー2
  • ヒューマンフォールフラット

うん。これくらいかな?

友達が来ると、友達に教えてもらって遊ぶゲームが増えているような気がしますが、ほとんどの時間は「マイクラ」か「フォートナイト」で遊んでいます。

マイクラは、D-SCHOOLオンラインでプログラミングの基礎を学ばせているので、PCで遊んでいる間は、大目に見ることにしています。

それでも気になるゲーム時間。放っておくと、本当に24時間やっているんじゃないか?と不安になるほどです。

この記事では、子供のゲーム時間の理想と現実を考えつつ、上手なゲームとの付き合い方をご紹介します。

大きくなったと思っても、まだまだ子供。ゲーム以外にもやらなければいけないことはたくさんありますよね。

禁止したくないからこそ、ゲームと上手に付き合っていけるように、導いてあげたいですね。

小学生が主に遊んでいるゲーム機の種類

私が小学生だった30年ほど前とは違い、今はゲームの種類も豊富ですよね。

任天堂スイッチ

プレイステーションVita

さらに

プレイステーション4

 

任天堂DSに至っては、3DS ・ 2DS など、もはやどっちが先に発売されて、どっちが機能が上なのかよくわからなくなる機器もあります。

 

そして、そんなに安くない。

本体は30,000円程度のものが多く、サンタクロースだってちょっと遠慮したい価格帯。

 

持っているゲーム機の種類は1つだけではなく、複数のゲーム機を駆使して遊んでいる子が多いこと。

周りに合わせる必要はない!と思っていても、つい、「うちだけ持っていないのは・・・」と思いたくなるほどの所有率。

子供が好きなゲーム機一覧

ゲーム機 希望小売価格 特徴
任天堂スイッチ 29,980円+税
任天堂スイッチLITE 19,980円+税 ※9月20日発売予定
ザシアン・ザマゼンタは予約受付中
任天堂3DS 18,800円+税 New Nintendo 3DS LL
4.88インチの大画面
任天堂2DS 9,800円+税
プレイステーションVita 18,980円+税
プレイステーション4 34,980円+税 価格は、「ジェット・ブラック 1TB」の定価を表示

 

ゲーム機で設定できる制限はある?

子供がゲームばかりやっていて勉強しないの

と、悩んでいるお友達の家では、ゲーム機本体に利用制限をかけていることが多いです。

それぞれのゲーム機でどんな制限の設定ができるのか、調べてみました。

 

そりた
そりた

今、私は何の設定もしていないのよね~。

任天堂スイッチで子供のゲーム時間を制限

任天堂スイッチには、保護者による「みまもり設定」の機能があります。

みまもり設定で、子供のゲーム時間を制限することができます。

みまもり設定で出来ること
  • 遊んだソフト・時間を確認する
  • 1日に遊ぶ時間を決める
  • 使用できる機能を制限する
  • みまもり設定の暗証番号を確認する

設定を行うことで、

  • どんなソフトで遊んでいるかを知ることができます
  • 親子で決めた時間(例えば1日1時間)遊ぶと、お知らせが表示されそれ以上は遊べません
  • 使わない機能を決めることができます(例えば、Youtubeは見られない など)

Youtubeは、親が家にいるときだけ見てOKと決めている家庭は多いです。

普段はYoutube機能を禁止しておき、保護者在宅時は、設定を変更して観ているようです。

みまもり設定で出来ることのうち、「使用できる機能の制限」はスイッチ本体でもできますが、それ以外はスマートフォンからのみ設定を行うことができます。

スマートフォンで設定方法を覚えてしまうのが楽そうですね。

スマートフォンでみまもり設定を行う方法はこちら

はじめて設定するときは、スイッチ本体と、スマートフォンの両方で設定が必要になります。

スイッチ本体・スマホを用意して設定してください。

 

任天堂3DSで子供のゲーム時間を制限

DSはそもそも外に持ち歩いて遊べるタイムのゲーム機です。

Wi-Fiに接続されていなくても、近くにいる友達と遊ぶことができます。

さらに、友達でなくてもすれ違っただけで、通信を行ってくれる機能もあり、様々なことができる反面、理解していなければ危険も伴います。

そんなDSには、保護者による使用制限機能の設定ができるようになっています。

使用制限機能で時間の制限は出来ません。

保護者による使用制限で出来ること
  • ソフトに設定された年齢制限
  • インターネットブラウザの使用制限
  • 任天堂eショップの利用制限
  • 3D映像の表示
  • インターネット通信
  • フレンド登録
  • DSダウンロードプレイ制限
  • 配信動画の視聴制限

設定を行うことで

見ず知らずの他人とインターネットを介してフレンドになり、一緒に遊ぶことはありません。

あらかじめフレンド登録されている友達と、一緒にいる場合に限り通信を行いプレイすることができます。

設定は、DS本体で行います。

保護者による利用制限方法はこちら

↑のリンクから、WiiUの設定も見ることができます。

 

プレイステーションVitaで子供ゲーム時間を制限

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

プレイステーションVitaの利用制限は、

  1. ペアレンタルコントロールでの制限
  2. サブアカウントを使っての利用制限

の2種類があります。

 

ペアレンタルコントロールで1日の利用時間を制限できます。

 

ペアレンタルコントロールで出来ること
  • ブラウザーやShop、Eメールの起動制限
  • 位置データの利用制限
  • 年齢制限のある動画の視聴制限
  • 1日あたりの利用時間制限
  • 有害なサイトの表示制限
そりた
そりた

位置データの利用制限ができるなんて知らなかったわ!それは設定しておこうっと。

サブアカウントで出来ること
  • チャットの利用制限
  • コンテンツの表示を年齢に合わせる
  • Storeで利用できる金額の制限

例えば、ペアレンタルコントロールではStoreの利用を禁止せず、サブアカウントを使用することで、月額1,000円までは利用可の設定にしてあげることができます。

小学生では、勝手にゲームを購入することは考えにくいですが、中学・高校と年齢が上がるにつれ、ある程度の許可は出したいと考えている方向けですね。

利用するのは構わないけど、間違いであっても高額ソフトのダウンロードは困りますよね。

Storeを利用できるようにしても、金額の設定はしておきたいですね。

 

子供のゲーム時間 理想と現実

子供のゲーム時間の理想は1時間程度

現実は、30分から1日中と幅があります。

子供のゲーム時間って、どのくらいが理想だと思いますか?

もちろん子供の年齢や平日・休日か、親が働いているかどうか、など環境によって異なります。でも、理想だけを語れば1日1時間くらいに抑えてほしいと考えています。

 

子供のゲーム時間 現実はどうでしょう?

平日のゲーム時間

正直、今の小学生って意外と忙しいから、学校がある平日はゲームのために1時間確保するってなかなか難しいんですよね。

学校から帰って宿題をやり、塾へ行って塾の宿題をやり、ご飯を食べてお風呂に入れば、そろそろ寝てほしい時間帯。

だから、平日は30分ゲーム出来れば良い方かもしれません。

塾の無い日は1時間くらいできるでしょうか。

 

一方、休日のゲーム時間は?

予定があればそれほどゲームに執着しませんが、何も予定がない日は朝からずっとゲーム三昧。

母はずっとイライライライラ

 

夏休みなどの長期休みで親が仕事の日のゲーム時間は?

考えただけで恐ろしいですね。

行ってきますと私が出かけた後、帰ってきた時も同じ姿勢でゲームをしている日もあります。

日中はプールに行ったり勉強したりもしていますが、一瞬ドキッとします。

 

子供のゲーム時間の決め方 案

よく耳にするゲームの制限は、1日1時間。

平日は30分で、休日は1時間と差をつけている家庭もあります。

 

1時間って結構あっと言う間なんですよね。学校がある日は良いのですが、夏休みなど長期休暇の時は特に短いと感じてしまいます。

 

親は共働きで8時前には家で1人になり、雨で外で遊ぶことは出来ない。

友達の家でも共働き家庭は多く、保護者不在の家に遊びに行くのは禁止されている

家で1人の時間が10時間近くあり、友達と遊ぶことも出来ず過ごすのに、ゲーム1時間って結構短いと思いませんか?

例えば、小学生に人気のフォートナイトなら、友達と会話をしながらゲームを楽しむことができます。

それはOKにしてあげたいなと思うわけです。

もちろんオンラインで会話ができるゲームだから、気をつけなければいけないこともあります。

フォートナイトに子供が夢中!オンラインで会話が簡単に出来るから気を付けたいこと

 

では、結局どうしているか・・というと。

勉強時間 >= ゲーム時間

というルールを設けてみました。

ゲームを1時間やりたければ、勉強(宿題でも可)を1時間以上やること。

ただそれだけです。

 

もし、勉強を5時間やったなら、ゲーム5時間もOK。

勉強した時間分だけ、ゲームやりたい放題です。

 

『勉強時間 >= ゲーム時間』のルールは、宿題やってからゲームOKとするより効果的です。

「宿題やってから」とすると、その宿題をちゃっちゃっといい加減に、5分程度で終わらせてしまうことがあります。

でも、5分しか勉強をしなければ、5分しかゲームは出来ません。

必然的にゆっくり丁寧に勉強をするようになります。

帰宅後に、宿題のノートをチラ見しても、頑張ってる様子がうかがえて嬉しい。

 

ゲームは禁止せず一定のルールを守っていきたい

理想論だけを言えば、ゲームの禁止はしたくありません。

時間も本体で制限をかけるのではなく、自分で適当な時間で区切られるようになってほしいです。

 

ゲーム好きで良いことだってありました。2020年小学校のプログラミング必須化が不安?子供が夢中なマイクラで学ぼうで紹介したように、プログラミングに興味を持つきっかけになったのは間違いありませんから。

 

ルールは常に見直して、親子がお互い納得のいく形でゲームと付き合っていけたら良いですね。