小学生の子どもの教育に悩むママへ
40代の身体と心

40代の運動不足解消にジムは効果的?時間がない人こそ通って欲しい理由

スポーツジム

あなたは自分の身体を大切にしていますか?
家事に育児に仕事に忙しいワーママのあなたは、自分のことを後回しにしていませんか?

子育てが一段落したころに何か始めようと思っていても、その頃も今と同じように体が動くとは限りません。

むしろ、今をどう過ごすかによって、10年後・20年後に趣味の時間を取れるかどうかが決まるのです。

もし今あなたが、運動不足を何とかしたい!と少しでも考えているなら、週に1回だけでも自分の身体と向き合う時間を作ることをおすすめします。

この記事では、普段全く運動をしない40代女性が、体力をつけたければスポーツジムがおすすめな理由と、長く続けるコツをご紹介します。

スポーツの秋。大好きなスイーツを食べるためにも、スポーツで基礎代謝を高めましょう。

 

40代の運動不足解消にスポーツジムは効果的?

あなたは、運動不足を解消しようと考えた時、何を思い浮かべますか?

まじめな人ほど

  • 毎日、夜に3km走る
  • 通勤で1駅分歩く

というように、大きな目標を掲げがちです。

夢は大きい方が良いでしょう。でも目標は小刻みに設定するのが続けやすいコツです。

 

これまで全く運動をしてこなかったあなたが、いきなり3km走るのは難しい。でも、1kmなら走れるかもしれません。

毎日1駅を歩いたら、会社に着いた頃には疲れて具合が悪くなっているかもしれません。

 

スポーツジムなら、プロのインストラクターがいます。

相談しながら、今のあなたに最適なプログラムを提案してくれます。

 

スポーツ前には血圧を測定し、体重だけでなく体脂肪など細かく体の状態をチェックすることも出来ます。

 

専門家の指導のもと適切な運動をすることが、あなたの身体への効果を高めてくれるのです。

 

近所を走るのも、通勤を徒歩に変えるのも、ジムで『運動すること』に慣れてから始めても遅くはありません。

 

スポーツジムを長く続けるためのポイント

何かを長く続ける最も大切なポイントは

そりた
そりた
無理せず楽しく続けること

それは、スポーツジムに長く通い続けたいあなたにも言えることです。

 

いきなり無理をしたら続きません。

毎日10km走る!なんて目標を立てても、出来れば立派だけど普段運動しない私には絶対に無理。

 

楽しければ続きます。

仕事でも部活でもないのだから、楽しくやりましょうね( *´艸`)

 

さらに、長く続けたいと考えたら次の3つのポイントは押さえておきましょう。

スポーツジムを続けるための3つのポイント
  • スポーツジムに通うことを周りの友達に宣言する
  • 何かの【ついで】にスポーツジムに通えるようにする
  • スポーツジムの月謝が安いことは重要

スポーツジムに通うことを周りの人に宣言

私は体験の時から、宣言していました。

宣言した以上、もう頑張るしかないですね!

 

職場の同僚や家族、時々会う友達にも宣言できちゃうと、より一層継続の可能性は高まります。

 

『ついで』にスポーツジム通う

ワーママがスポーツジムに通うなら、何かのついでに通えるジムがおすすめです。

 

時短で働いているママが、お迎えまでに少し余裕があるのなら、会社と保育園の中間で通り道にあるジムが最適。お迎えの『ついで』に通うことが出来ます。

子供が習い事に通っている時間帯があれば、その習い事の近くにあるジムだと『ついで』に通いやすいです。

 

私は、基本的には子供の習い事の送迎をママ友と協力しています。

けれど、協力出来るお友達のいないスイミングは、家からちょっと離れた距離にあるため、いつも子供が泳ぐ姿を見ていました。

 

そりた
そりた
この時間に私も身体を動かしたらどうかしら?

子供の習い事の『ついで』に、私もジムに通ってしまうのが、最も長く続けやすい方法なのです。

嬉しいことに、息子が通うスイミングスクールには、大人向けのジムが併設されています。どうして今まで気が付かなかったのか悔やまれますが、とにかくやってみよう!そう思いました。

子供のお友達を習い事に一緒に連れて行きたいと考えたら、ミニバンがおすすめ!なかでも日産セレナが最適です。

 

スポーツジムの月謝が安いことが重要

『スポーツジムの月謝10,000円です』と言われたら、通いますか?通いませんか?

パートでお仕事をしているとはいえ、子育て中の主婦に10,000円のジム費用は高額ですよね。

そりた
そりた
気軽に通える金額ではないわ(;´∀`)

 

では、3,000円ではどうでしょう?払えそうな気がしますか?

ちなみに、月3,000円の月謝は12か月で36,000円になります。

 

ジムに通うと決めたなら、月謝は1回だけ支払うものではありません。毎月発生する固定費になります。

そりた
そりた
固定費ってあれよね?
節約の敵( ;∀;)

敵・・ではありませんが、固定費は減らせるに越したことはありません。

毎月発生する月謝だからこそ、払い続けることが苦にならないのかをよく考える必要があります。

 

スポーツジムに通って気が付くこともある

実際に通ってみることで、スポーツジムの良さに気が付くこともあります。

やってみないとわからないこともあります。

 

通いやすい場所に、通いやすい価格設定のスポーツジムを見つけたら、是非足を運んでみることをおススメします。

 

 

 

忙しいワーママこそスポーツジムで時間を確保

効果的な運動をするなら、専門家の指導が大切なこともわかった。周りに宣言して、ついでに通えるジムなら、続けやすいこともわかった。

 

そりた
そりた
でも、ワーママって結構忙しいのよ。
ジムに通う時間作るとか無理

ですよね。とても分かります。

 

けれど、それでは隙間時間で運動が出来ますか?

いつならまとまった時間が取れそうですか?

 

その時間は、スケジュールに組み込んで確保しないと難しいのではないでしょうか?

 

リビングにヨガマットを広げてストレッチをしようとしても、床のホコリが気になってしまう真面目なあなただからこそ、ジムに通うことで、『運動するしかない状況』を作って欲しいのです。

毎日通えなくても、週に1回いえ、2週間に1回でも良い。時間をやりくりしてみましょう。

意外と、何とかなるものですよ( *´艸`)

 

スポーツジムに通うなら形から揃えることも大切

あなたが、これまで全く運動をしてこなかったならトレーニングウェアは持っていないでしょう。

若い頃のものがある!という方も、これから新しい気持ちでジムに通い、長く続けたいなら形から入ることも必要です。

気持ちが盛り上がって、長く続けられるポイントになります。

また、買ってしまったからには続けなくちゃ!という思いを生み出すことも。

 

新しく揃えておきたいものは、次の5点です。

  • トレーニングウェア(上下)
  • Tシャツ
  • トレーニングシューズ
  • タオル
  • 水筒

 

トレーニングウェア・Tシャツはゆったりしたものを

40代のあなたには、ウェアはゆったりしたものを選ぶことをおススメします。

そりた
そりた
ワンサイズ上のウェアを買うくらいの気持ちで。

 

とにかく動きやすさを重視すると良いでしょう。ブランドものや高級なものを買う必要はありませんが、しっかりした生地のウェアは長く活用できますよ。

私はこちらの商品を楽天で購入しました。ズボンの幅が広くゆったりしているので、エアロバイクも快適にこげます。

 

また、思った以上に気持ちの良い汗をかくので、Tシャツは吸汗速乾性に優れたものが安心です。デオドラント効果も忘れずに。

私はこちらの商品を楽天で購入しました。動きやすく、匂いが気にならないのが嬉しいですね。

 

 

シューズはテンションの上がるカラフルなものを

40代としては、トレーニングウェアは『黒』『白』『グレー』など【無難】な色を選んでも、靴だけはカラフルなものを選ぶと、テンションが上がります。

エアロバイクやルームランナー、スタジオプログラムでも、鏡を見ながらのトレーニングが多いです。

そこに、気分の上がる靴を履いたあなたの姿が映っていることを想像してみてください。

 

いつもより、長くトレーニングしよう!という気持ちになれますよ。

 

かかと部分に厚みがあり、足の負担を軽減してくれるタイプを選びましょう。

 

 

水分補給は必須なので水筒があると便利

スポーツをしていると、思っている以上に汗をかきます。水分補給は欠かせません。

毎回ペットボトルで飲み物を購入しても良いですが、お気に入りの水筒を一つ持っていくと、やる気に繋がりやすいです。

水筒は、直接飲みやすく軽いものを選ぶと、ジムでの水分補給に便利です。

 

職場で使っている水筒がある方も、『スポーツジム専用』があるとテンションが上がります。

 

ジム内で荷物を持ち歩くバッグがあるとスマート

色んなマシンを利用したいと考えているあなたには、手提げバッグを持っていくことをおススメします。

A4サイズのボードと、タオル・水筒が入る大きさで十分です。

自立できるバッグが使いやすいですよ。

created by Rinker
サクラクレパス
¥960
(2018/11/15 22:55:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

おわりに

スポーツジムで使うトレーニングウェアやシューズは、一つのバッグにまとめて置くと出かける時に便利です。

それにはあなたの子供が小さい頃、毎日持ち歩いていた『ママバッグ』が便利です。

 

あなたの身体はあなたのものです。

あなたがまず、大切にしてあげてください。

 

長く人生を楽しむためにも、努力して時間を確保し、身体を動かすことがとても大切です。「空いた時間に出来ることから」ではなく、「わざわざ時間を確保して」運動をする時間を作りましょう。