小学生の子どもの教育に悩むママへ
小学生の生活

小学生に必要な学用品まとめ|新学期に備えて早めに揃えたいものリスト

満開の桜が散り始め、もうすぐ新しい年度になりますね。1年なんてアッと言う間です。

4月になれば、すぐに新学期が始まります。私の住む地域の小学校は2018年度の始業式は4月6日のようです。

 

まだまだ先だと思ってしまいますが、あと週末は1回のみ。新学期に必要な学用品で足りないものがあれば、ここで購入しておく必要がありますね(*^_^*)

 

そこで、今回は新学期に備えて早めに揃えておきたい学用品をまとめてみました。通っている小学校によって違いはありますが、揃っているかどうか確認するなら今ですよ!

 

中身を確認しておきたいもの

絵の具・クレヨン・色鉛筆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要注意なのが、12色や24色などの絵の具・クレヨン・色鉛筆です。一見揃っているように見えてしまうからです。

絵の具の白だけがない、色鉛筆の赤だけが短い!・・・なんてこともありますから、1本1本チェックが必要ですね。

 

のり・セロハンテープ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

接着系も確認しましょう。のりは半分以上残っている状態だと安心です。セロハンテープは新しいものに思い切って交換してしまうのも良いですよね。

少ないものは家で工作をするときのために取っておきましょう。

 

鉛筆・赤青鉛筆・消しゴム

毎日使っている筆箱の中身も油断してはいけません。消しゴムは小さすぎてもう、消すことが出来ない状態のものを良く見かけました。

鉛筆も正しい持ち方で丁寧な字を書くためにはある程度の長さが必要です。

子供の小さな手で持ちにくくない力を入れて消すことが出来るかどうかを確認しておきましょう。

 

サイズを確認しておきたいもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成長期の子供たちにとって、『去年の服』は着られないと思っていた方が無難です。

一回り大きいサイズの服を買ったはずなのに、シーズン終わりには着られないなんてことも・・・。学校でだけ使っているものは、子供が大丈夫だと言っていても『着せてみて』『履かせてみて』確認しておきたいものです。

上履き・運動靴

靴のサイズが合わないと、かかとを踏んで歩く姿が見られるようになります。すると、姿勢が悪くなってしまいます。

成長期の子供にとって、ぴったりした靴を履くのはとても大切なこと。大きすぎる靴を選ばず、ジャストサイズの靴を履かせてあげてください。

長期休みにはサイズを確認し、このタイミングで買い替えも視野にいれておきましょう。

 

体操服

体操服を買ったのはいつだったか覚えていますか?我が家では、1年生で買った体操服を3年生の終わりまで着せていたことに、気が付いていませんでした。

サイズのことを訪ねても『大丈夫』と言われて、鵜呑みにしてしまっていたんですよね。

3年の終わりに体操服を着せてみたら、本当に申し訳なく思いました( ;∀;)

 

春物の衣類

学校だけに限ったものではありませんが、衣替えのタイミングで春物の衣類のサイズも確認しておきましょう。また、名前がきちんと付けられているかも合わせて確認しておきたいですね。

流行りのアイロンプリントは、毎日の洗濯ではがれてしまっていることも。また、マジックで書いた名前が消えかけて見えなくなっていることもあります。読める字で書きなおしておきましょう。

 

 

 

おわりに

身の回りのものは自分で整理整頓が出来るようになっていても、前日になって急に『〇〇がない!』と言い出すのが小学生。

あれもこれも、口を出す必要はありませんが、『確認する必要があるんだよ』ということは教えてあげておきたいですよね。

長期休みに揃えるもののチェックリストを作っておけば、次の夏休みには自分で確認できるようになりますよ(#^.^#)