小学生の子どもの教育に悩むママへ
40代の身体と心

花粉症の症状を楽にしてくれると噂の鼻うがいに挑戦

こんにちは。そりたです。

 

花粉症と戦っていますか?

テレビで花粉が飛散している映像を見るだけで、目や鼻がムズムズしたりしていませんか?

病院で花粉症の検査をしたことを後悔していませんか?

 

今や国民病とも言われる花粉症、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。週末に近所の耳鼻科に行くと、知っている顔があっちにもこっちにも。みんな大変なんですね。

 

私も、ひどい花粉症のため外出先から帰宅すると、目と鼻を取り外して洗濯機でガラガラと洗って乾燥機にかけて付けなおしたい気分になります。

そんな花粉症の症状を楽にしてくれると噂の『鼻うがい』。

 

今日は、前々から気になっていたものの勇気がなくて挑戦できずにいた『鼻うがい』に挑戦してみました。

怖がらずに早くやっておけば良かったと悔やまれるほどのすっきりさ!毎日やりたくなっちゃいます。でも、たくさんやりすぎもよくないんだそう。

今回は、鼻うがいのやり方と効果・注意することをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

そして一緒に花粉症のシーズンを快適に乗り切りましょう!

 

鼻うがいとは

鼻うがいは文字通り、鼻でうがいをすることです。口でガラガラとやるのではなく、鼻から吸って口から吐きます。

このとき、水でうがいをしてしまうと耐えられないほどの痛みを伴いますので、体液と同じ濃度の食塩水でうがいをします。

慣れるまではお風呂の中での鼻うがいがおすすめです。ちょっと失敗しても服を濡らす心配がありません。

 

鼻うがいの効果

ちょっと抵抗がある人も多い鼻うがいですが、次のような効果が期待できます。

鼻がすっきりする

鼻から吸った食塩水を口から出すことで、鼻の奥の方に溜まっている鼻水を洗い流すことができます。

結果、ムズムズしていた鼻がすっきり、気持ちよくなります

 

風邪予防

鼻の奥に溜まった菌を洗い流すことで、風邪の予防になります。外から帰ったら、ガラガラうがいと鼻うがい、セットで習慣にしたいですね。

洗面所に専用のコップと塩を置いておくと、習慣になりやすいですよ。

 

花粉症対策

鼻の奥に溜まったほこりや花粉など、アレルギーの原因となる物質を洗い流してくれます。

アレルギー症状が軽くなると言われています。

私もひどい花粉症なのですが、鼻うがいをするとその後しばらく調子が良いです

 

鼻うがいのやり方

世の中には『鼻うがい器』と呼ばれる、鼻うがいを簡単に楽にさせてくれる機器があるそうですが、物を増やしたくない私としてはそんな期間限定の商品を買う勇気がなく、自宅にあるコップ1つで対応しました。

コップと塩と水があれば、鼻うがいができる」状態にしておくことで、職場など外出先でもいつでもどこでも鼻うがいを楽しむことができます。いや、楽しむ必要はありませんが・・・。

 

①食塩水を作る

 

 

 

 

 

 

 

まず、コップに塩水を作ります。食塩水の濃度は体液と同じくらいにすると鼻から吸い込んだときに痛い思いをしなくてすみます。体液と同じ濃度は0.9%だそう。

500ccの水なら4.5gの塩

250ccの水なら2.25gの塩

を溶かします。

外出先でも鼻うがいをしたければ、2.25gにあらかじめ測った塩を持ち歩くと便利です。

水はいったん沸騰させて冷ますのが理想です。

[voice icon=”http://sorita-life.com/wp/wp-content/uploads/2018/03/529c5b3e31650ea6afc2f1d568e9d962.png” name=”いのしし” type=”l”]沸騰して冷ますって面倒だな。[/voice]

ですよね(^_^;)

私は水道水でガンガン鼻うがいしてますよ。もちろん、塩の分量もだいたいです。(いばるところではありませんね)

 

②鼻から食塩水を吸い込む

 

 

 

 

 

 

食塩水の入ったコップを鼻に近づけ、片方の穴を水でふさぎます。もう一方の鼻の穴を指で押さえたまま鼻で息を吸い込みます。すると、押さえていない方の穴から食塩水が入ってきます。

 

③吸い込んだ食塩水を吐き出す

 

 

 

 

 

 

ちょっとイメージしにくいですが、鼻から吸い込んだ食塩水を、口から『べぇぇ~』って吐き出します。

反対側の鼻の穴も②③でうがいします。

 

 

気をつけること

何事も【過ぎたるは及ばざるがごとし】です。やり過ぎは中耳炎などの炎症を起こしてしまい兼ねないので、気持ちが良いからと1日に何回もやらず、1日1~2回にとどめましょう

鼻から食塩水を吸い込んでいる最中につばを飲み込むと、食塩水が耳の方に流れてしまうようです。つばを飲み込まないように注意してください。また前屈みになるくらいの姿勢で吸い込むと食塩水が耳に流れにくくなります。

慣れてしまえばとてもすっきりして気持ちが良いのですが、注意してもなかなか難しいのが鼻うがいです。お子さんでは耳に食塩が流れてしまう可能性も高くなります。専用の機器を使用するか耳鼻科で相談をしてから始めると安心です。

 

感想

慣れる前は怖くて鼻から吸い込むことができなかったり、吸い込んだとたん痛くて耐えられなかったりしていました。

慣れてくると、1時間に1回鼻うがいをしたくなるほどの、爽快感です(*^_^*)

何度もやってはいけないとわかっていても、楽しくなっちゃいます。

この調子で目も塩水で洗ったらどうなるんだろうって一瞬考えましたが、やめておきます。

 

食塩水での鼻うがいは、お金もかからず簡単な花粉症対策です。一度試してみても損はありませんね!