小学生の子どもの教育に悩むママへ
40代の身体と心

アラフォーの特徴は良い人?就職氷河期を経験したロスジェネの挑戦

こんばんは。ロスジェネ世代 アラフォーのそりたです。2018年1月にブログを始めました。

今はまだ、色々な方のブログを見て回るのが楽しくてなりません。

人気のブログを見ていると、20代や30代、下手すると10代の活躍が目覚ましいです。若さだけではない、発想や行動力にとても魅力を感じています。
『うらやましいなぁ・・・』といつも思っていました。

 

上を見ればバブル経験者の50代の方々は、リアルに輝いていますよね。何そのキラキラ。譲ってほしい。

 

 

でも、私にだって40代の何かこう・・・光るものがあるはず

 

ところで、『ロスジェネ世代』ってどんな世代か知っていますか?正しくは『ロストジェネレーション』、失われた世代とも呼ばれるそうです。

私は知りませんでした。「ゆとり世代」とか「さとり世代」は聞いたことがあるんですけどね。

そこで今日は、現在アラフォーの方を中心とした『ロスジェネ世代』の特徴を調べてみました。

就職氷河期を経験し、世の中に期待をしていないと言われる私たち世代でも、頑張っている人はたくさんいます。

ロスジェネ世代がどう見られているのかを知り、人生100年時代の残り60年をどう生きていきたいか、考えるきっかけになれたら嬉しいです。

 

ロスジェネ世代とは

私はバブルの崩壊を高校生のころに見た、就職氷河期時代を経験しています。運よく就職先は見つかりましたが、決まらずに卒業した人を何人も知っています。

ロスジェネ世代とは、まさにバブル崩壊後の就職氷河期を経験した世代、生まれ年で考えると1970年から1982年頃に生まれた人を指しています。

 

いの
いの
そりたの生まれた年は何年だ?

 

・・・女性に年を聞きますか?  1975年です。

 

うさ
うさ
あー。ど真ん中いっちゃってるねぇ。。。

 

 

そうなんです。『失われた世代』なんて言われてることもあるってちょっと切ない感じがしますよね。

 

ロスト・ジェネレーション(ロスジェネ)。直訳すれば「失われた世代」。本来は、第1次世界大戦後に活躍したヘミングウェイ、フィッツジェラルド、フォークナーなど米国人作家に代表される世代を指し、「迷える世代」「喪失の世代」などとも訳される。「朝日新聞」が2007年の年始特集で、バブル崩壊後の「失われた10年」に社会に出た若者たち(25~35歳)の実態を連載。この世代に多いフリーター、ニート、ひきこもり、派遣労働者、就職難民たちを総称する言葉として用い、次第に広がっていった。

引用(コトバンク):

https://kotobank.jp/word/ロストジェネレーション-188226

 

失われた世代なんて言われたままで良いのでしょうか?

いえ、『他人にどう思われているか』は重要ではないですね。自分の中で『ロスジェネ世代』と聞いて『あー(わかる)』と思ってしまったことに、衝撃を受けたのです。

 

「半沢直樹」シリーズ第3弾『ロスジェネの逆襲』のように、これからの世の中を変えていくのはロスジェネ世代でありたいと思っているのです。

 

ロスジェネ世代の特徴

周りにあまり期待をしていない

ロスジェネ世代は、どこか世間に対して冷めた目を持っているのが特徴です。

『良い高校・大学に入り、一流の会社に勤めれば生涯安泰』だと教えられ、一心不乱に勉強してきたにも関わらず、就職氷河期のタイミングに社会に出ることになり、正社員になるのがやっと、派遣やフリーターとして働くことになった人も多いのが理由のひとつです。

そのため、あまり周りに期待をしていない(期待しないように努めている)人が多いのでしょう。

期待しなければ、裏切られることもありませんからね。

 

仕事に対して前向き!

周りに期待はしていませんが、仕事に対しては前向きで、仕事が好きな人が多いです。

学歴は役に立ちませんから、即戦力として戦えるように自分を磨く必要があったので、仕事に対するウエイトが高くなっていっても不思議はありません。

 

仕事の優先順位が高いため、そのほかのことに関心を向ける余裕がなく、結婚という選択肢を選ばない人も多いです。

実際私の友達にも、独身を貫いている人は多い気がします。

優秀な人材が多い?!

そうして、社会を信じることなく、自分だけを信じて仕事をしてきた結果、優秀な人材が多いと言われているのも、ロスジェネ世代の特徴のひとつです。

就職氷河期を乗り越え、社会で生き残っていくための手段として、優秀な人材にならざるを得なかったのでしょう。

貯金大好き!

将来にあまり期待をしていないので、貯金が好きな人が多いと言われています。

投資・運用など外に回していくお金が少ないのも、この世代の特徴なのではないでしょうか。

ロスジェネ世代の挑戦 ~そりたの場合~

『変わりたい』そんな気持ちが強くなり、私はこのブログを始めました。ブログは目的ではなく私が変わるための手段です。

もし、あなたが『これから』に悩んでいたら、自分と向き合うためにもブログはおすすめです。始め方に悩んだら『40代ブログで輝く』サイトに遊びに来てください。これからブログを始めたい40代女性に向けて作っているサイトです。

 

誰かの役に立つことがしたい、人ともっと関わりたい・・・そんな欲求をこのブログは満たしてくれています。

 

あなたは今、何をしたいですか?

 

終わりに

特徴だけ見ると、【優秀で仕事と貯金が好きな良い人】って感じですね。ただこの特徴はあくまでこの世代の人の傾向にすぎません。

ロスジェネ世代の人間がみんな同じなはずもありません。

 

自分は何が好きで、どう生きるかは自分次第。

人生100年時代です。もっと人生を楽しみたいですね。