小学生の子どもの教育に悩むママへ
買い物上手

メルカリの楽しみは素人同士の気持ちのやり取り+売り上げによるお買い物

メルカリを始めて1年半ほどになります。現時点で170のお取引があります。

感覚的には少しだけ販売したものの方が多いくらいといったところでしょうか。

『フリマアプリで楽々 月1万円のお小遣い』などという内容の記事をよく見かけますよね。月1~2万円程度なら確かに売れるなと感じていますが、それほど楽ではありません( ;∀;)

ただ、やはり売るときのコツ、買うときのマナーはあります。ちょっとした工夫で自分にとっては不用品が誰かの宝物になることも!

 

 

[aside type=”boader”]

こんにちは。メルカリ大好きなそりた(@sorita_life)です。

フリマアプリの楽しみ方は人それぞれですが、私は『素人同士の気持ちのやり取り』と『売り上げによるお買い物』を楽しんでいます。

売り上げを上げるちょっとしたコツ・大切にしたいマナーを交えて、フリマアプリの細く長い楽しみ方をご紹介します。

今回はそんなお話です。

[/aside]

 

メルカリのコツとマナー

メルカリはフリマアプリの中でも大手で5,000万を超えるダウンロードがあると言われているので、メルカリの使い方などメルカリそのものに関する詳しい説明は省きます。

メルカリはスマホを使って簡単に不用品を販売することが出来るシステムです。匿名で商品を発送出来ること、お金のやりとりはメルカリを介しているため安心なことが気に入って愛用しています。

販売手数料はかかりますが、手数料を払っていることで受けられるサポートや安心があるのかなと考え納得して使っています。

[btn]メルカリ公式サイトはこちら[/btn]

 

写真の撮り方

メルカリでは写真を4枚掲載することができます。写真は4枚きちんと載せましょう。色々な角度からの写真を載せるのがポイントです。

背景は白い壁の前や綺麗な布の上など、生活感があまり見えないようにすると、商品が映えます。

明るいところで、色がはっきりわかるように撮影しましょう。

 

1枚目の写真

 

 

 

 

 

 

4枚掲載されても、一覧で見られるのは1枚目だけです。1枚目には商品が何なのか、付属品が何なのかわかりやすいよう全体の写真を載せましょう。

袖が写真の外に出てしまうことのないように、すべて写真に納めましょう。

バッグは、床に置くより何かにかけて撮影すると、きれいな形で写しやすいです。実際に持っている写真が掲載できるとよりわかりやすくなります(品物アップでOKです)。

 

2枚目の写真

 

 

 

 

 

2枚目には、その商品のお気に入りポイントを載せます

大きなリボンが付いたスカートならリボンの写真というようにアップの写真がおすすめです。

肩掛け出来るバッグなら肩にかけた写真など、実際に使っている写真も、商品の特徴が伝わりやすく喜ばれます。

電池で動くものについては、電源が入ることがわかるような写真を撮ります。

 

3枚目の写真

3枚目には裏側の写真を載せましょう。バッグや財布などの場合は内側の写真が喜ばれます。

本を売るときには、本を立てて写真を撮り、本の開き具合や読みこんだ跡が写るようにしています。

 

4枚目の写真

結構重要な写真になりますが、その商品の傷や汚れなどのアップの写真を載せましょう。傷が複数ある場合は、写真を分割するアプリなどを用いて、すべての傷・汚れをきちんと見えるように写真に載せます。

予めわかっていることを掲載することで、購入後のトラブルを防ぐことが出来ます。

 

[aside type=”normal”]

フリマアプリは直接手に取ってみることが出来ないので、出来るだけたくさんの写真を載せるようにしましょう。

購入者の心配を取り除いてあげる写真がベストです。自分なら何を気にするかな?と考えて撮影すると、良い写真が撮れますよ。

[/aside]

 

商品紹介

商品の紹介は出来るだけ詳しく載せるのがポイントです。

いつ頃買ったものなのか、どのくらい使ったのか、どうして手放すことにしたのかは最低限載せておきたい情報です。

その他にも商品に対する思い入れを載せると、印象が良く伝わりやすいです。

[aside type=”normal”]例

3年前に買ったコートです。気に入って大切に着ていました。

落ち着いた印象の濃いグレーなので、どんなコーディネートにも合わせやすく便利です。

着用回数は年5回ほど、合計で15回くらいです。

新しいコートを買ったので、クローゼットを整理するために出品しました。

気になる傷・汚れはありません。

[/aside]

 

お返事コメントや発送手続き

お返事のコメントは出来るだけ早くするようにしています。コメントが遅れてしまった時はお詫びの言葉からコメントを始めます。

また、コメントが出来ないとあらかじめわかっている時は、アカウント名を『そりた@3/20まで不在』のように変更し、わかりやすくアピールしています。

 

発送手続きは、商品をアップする際に記載した日の間の、なるべく早いタイミングで行っています。

コンビニ発送よりクロネコヤマトの店舗や郵便局に持ち込んだ方が、早く届く気がするので、よほどのことがない限りクロネコヤマトの店舗や郵便局に持ち込むようにしています。

 

 

受け取り評価

購入した場合、受け取り後の評価は待たせることのないように注意してください。

メルカリ便を利用するとこちらが受け取ったかどうか、販売者にもわかるようになっています。受け取っているのに評価をされないと不安になります。

もし、『商品は宅配ボックスに届いているけど、家に帰っていないから評価が出来ない』ような状況になることがわかっていれば、あらかじめ『受け取り評価は夜〇時以降になります。』という情報を伝えておくと親切です。

 

 

売りやすいもの

シーズン前に出品すると売れやすいと感じています。

3月は入学式で使えるようなスーツ、スプリングコートなど春物のお洋服。学校で使えるようなアイテムも売れました。

4月は新しい趣味を始めたくなる季節 釣り道具やゴルフ用品も売れます。バイク用のジャケットも4月に売れました。

5月は梅雨に備えてレインコートやレインブーツが売れました。

6月になると、夏物衣類が売れ始めます。

7月・8月は海やプールを意識したものや浴衣がおすすめ。私がサングラスを買ったのは夏でした。

9月・10月は運動会グッズ、ハロウィンの衣装が人気です。

11月・12月は冬物、スキー用品は多少古くても売れました。スキーのバッグなど、デザインより機能性の高いものが人気です。

1月になると福袋のばら売りが多く始まります。気に入ったものがあれば新品で手に入れるチャンス

2月は家電など新生活準備のものが売れています。

 

メルカリの楽しみ方

 

 

 

 

 

メルカリに出品したアイテムは24時間以内に売れる確率が高い!と言われていたことがありました。

けれど、メルカリはあくまで『フリーマーケット』です。自分が要らない商品を買ってくれる人がいたら良いなー。という気軽な気持ちで出品すると楽しめます。

また、会うことはなくても、アプリの向こう側にいるのは『人』です。丁寧な対応をすれば、同じ人がまた購入してくれる可能性もあります。

 

購入するときは、売上で買えるものの範囲で買うようにしています。『不要なものを売って、その売り上げて欲しいものを買う。お金は使わない。』と決めているので、欲しいものを見つけると『いいね!』をしておき、売り上げが貯まるまで頑張って品物を売ります。

そうすることで、手に入れた時の喜びは大きくなるし、家の中に物があふれることもありません

 

おわりに

会ったこともない「はじめまして」の人に物を買っていただくのですから、出来るだけ相手の不安を取り除いてあげられるようなコメントが必要です。

手に取ってみることが出来ない中古の商品を買うときは、相手の『人となり』が頼りです。

 

長く楽しむためにも、また月1万円程度の売り上げをあげるためにも、一つ一つの取引を大切にしていきたいですね!