小学生の教育

子供が勉強しないのは当たり前?小学生がやる気を出す接し方と勉強しやすい環境を

勉強する子供の姿

小学生って、無限に時間があるように感じませんか?

今の子は忙しいとはいえ、

  • 学校へ行く
  • 塾や習い事へ行く

以外、自由時間が結構あります。

だからこそ魅力的なゲームにはまる子が多いわけですよね。

家では、やっつけ感のある宿題をそこそこにこなし、あとはゲームかYoutubeなんて生活をしていませんか?

両親も仕事で忙しく、ちょっとゲーム時間が増えてもあまり強くは言えず。でも、勉強している気配が感じられなくて心配になることも。

そりた
そりた
もうすぐ中学生。そろそろ勉強する習慣も身に付けてほしいのよね。

 

子供が勉強しないのは、

  1. 家での勉強の仕方がわからないからやる気になれない
  2. 家で勉強できる環境がない

せいかもしれません。

例えば塾で勉強した方が集中できる子もいます

 

この記事では、家で勉強しない小学生の保護者の方に向けて

  • 小学生がやる気を出す接し方
  • 小学生にとって勉強しやすい環境の作り方

をご紹介します。

勉強しない子供のために親ができること

小学生の子供が勉強する気になれない時、ついつい言ってしまがちなのが

勉強しなさい!
いつまで遊んでいるの?!

ではありませんか?

けれど、『勉強しなさい』『ダラダラしない』『何やってるの?』というような、追い詰める発言は、逆効果になります。

子供が勉強する気になれないのには様々な理由があります。

いったいなぜなのでしょうか?

子供が勉強する気になれない理由

夢中になっていることがある

どんな些細なことだとしても、子供が夢中になっていることがあるときは、それをやめてまで勉強するのは難しいです。無理です。

どうにか机に向かわせたとしても、頭の中は夢中になっていることでいっぱい

 

効率が悪いだけ。勉強するだけ損なくらいです。

今、夢中になっていることがあるのなら、せめてキリが良いところまで待ちましょう。

夢中になっていることがあるとき、子供は勉強する気にはなれません。

 

それが仮にゲームだとしても・・。

テレビゲーム
子供の1日のゲーム時間はどのくらい?時間制限はかける?闇雲に禁止はしたくないあなたのお子さんが好きなゲームは何ですか?普段、どのくらいの時間ゲームで遊んでいますか?時間制限を設けていますか?守られていますか?この記事では、子供のゲーム時間の理想と現実を考えつつ、上手なゲームとの付き合い方をご紹介します。...

 

毎日の生活で疲れている

お子さんは今、週に何回習い事に通っていますか?

ひょっとして忙しさで疲れているのではないでしょうか?

学校だけで考えても

  • 進級や新学期が始まるとき
  • 運動会や学芸会などのイベント準備中
  • 移動教室や遠足などの前後

など、小学生の身体や心はいっぱいいっぱいになることがあります。

個人差があるので、まったく平気な子もいますが、本当に疲れてしまいその日の塾に通えない場合もあります。

加えて、週に何回もまたは1日に2つ以上の習い事をしていては、疲れ切って何もする気になれませんよね。

毎日の生活で疲れている時、子供は勉強する気にはなれません。

 

学校の勉強がわからない

実は学校の授業についていけていないのかもしれません。

勉強がわからないので、勉強する気になれないのです。

そりた
そりた
そういえば息子が塾に通い始めたのも、学校の授業が分からないって言ったことがきっかけだったわ。
塾の教室
小学生の塾はいつから?中学受験しなくても5年生になる前がおすすめな理由小学生の塾はいつから通うのが良いと思いますか?おすすめは、算数がぐんと難しくなる5年生になる前。この記事では、子供の学習に不安を抱えるあなたに【もし学習塾に通わせるなら5年生になる前がおすすめ】な理由と通わせて良かったことをご紹介します。...

幸い、息子は何でも話してくれるタイプだったので良かったのですが、子供が親に「勉強がわからない」ことを告げることとても勇気がいることです。

塾の面談で先生にもそう言われました。

学年が上がるにつれて、親に言えないことは増えてきます。

学校の勉強がわからない時、子供は勉強する気にはなれません。

小学校の勉強が分かっている・わかっていないの目安に、漢字検定算数検定といった子供向けの検定受検がおすすめです。

 

勉強の仕方がわからない

学校の勉強がわかっている子でも、勉強する気になれないことはあります。

それは、勉強の仕方がわからない場合です。

例えば、テストで間違えた問題があれば、その問題について

  • 間違えた理由を考え
  • どうすれば正しい答えになったかを理解し
  • 繰り返し復習する

というような勉強が考えられますよね?

でももし、テストで間違えた問題がなければ、何を勉強したら良いのでしょうか?

意外と授業内容で躓いたことがない子の方が、家庭学習って難しいのかもしれません。

勉強の仕方がわからない時、子供は勉強する気にはなれません。

通信講座では、家庭での勉強方法を教えてくれるものが多いです。

勉強する気になれない子供に親ができること

頭ごなしに叱らない

やっちゃだめってよく見かけるけど、ついつい叱っちゃう人多いですよね。

私もです。

 

いつになったら勉強するの!
またテレビ(ゲーム)ばっかりで!捨てるよっっ
早く勉強しなさい!

などなど。

 

分かっているけど、言っちゃいますよね。だっていつまでたっても勉強しないんだもん。

子供への声のかけ方を工夫する

子供に「勉強してほしい」ことを叱らずに伝えるよう、声のかけ方を工夫してみましょう。

例えば

『いつになったら勉強するの?!』と怒りたくなった時には、

『何時から勉強はじめる?』という質問を投げかけてみるというのはいかがでしょう。

 

この時、何時から始めるかを子供に決めさせるのがポイントです。

22時になったらやる~とか言われても困るのよね。

それならば、『夜ご飯を19時から食べるからその前に勉強してほしいんだけど、何時からやる?』というように、時間の範囲を決めてしまうと良いでしょう。

そして、子供が18時からやると決めたなら、5分前くらいに「もうすぐ18時だよ」ってことを教えてあげるにとどめましょう。

初日は18時になっても勉強をしないかもしれません。

それでも、出来る限りそれ以上は言わずに、同じように次の日も次の日も繰り返してみてください。

 

一緒に勉強する時間を作る

気を付けてほしいのは、親がスマホでネットニュースを見ながら「勉強しなさい」と言わないようにすること。

親には親の都合がありますが、

出来るだけ

少しだけでも良いので

一緒に勉強する時間を作ってみましょう。

隣で家計簿をつけるだけでも良いです。レシピ本を読むだけでも。

共有する時間を過ごしているだけでも、子供は勉強する気になってくれます。

 

そりた
そりた
うちは、朝の時間にちょっとだけだけど一緒に勉強しているわ

【朝活】早起きを極めたら子供と過ごす時間が増えて幸せな気持ちが増えました

勉強しない子供が勉強しやすい環境づくり

「小学校6年生まではリビング学習がおすすめ!」なんてことを良く耳にしますね。

別にリビングでやらなければいけないわけではありません。

 

学習机を小学校1年生で買わない人が増えていると言いますよね。

別に学習机をいつ買ったって良いですよ。

 

ただね。

勉強するときの机は、親の気配が感じられる場所にあること

これが大切です。

 

戸建てだと、子供部屋は2階だけどママが家にいる時間で長く過ごすのは1階のリビングってことありますよね。

その場合は、1階のリビング近くで勉強させてあげると良いです。

 

そして、勉強するために座った席から

  • ゲーム
  • スマホ
  • おもちゃ
  • 絵本

といった、

「子供が気を取られやすいもの」が見えないようにしてあげましょう。

 

ちなみに我が家、勉強する机はリビングの机と、子供部屋の学習机の2つがあります。

リビングでは、無印良品の『リビングでもダイニングでもシリーズ』の机を使い、子供部屋ではイケアのリーズナブルな机を使っています。

リビング学習の机にイケアのミッケシリーズを選んだ理由(小学生)

 

勉強しやすい環境で気をつけたいのは2つ

  1. 親の気配が感じられる場所で
  2. 気を取られるおもちゃが目に入らないように

子供が勉強しないのはやり方がわからないだけかも

勉強のやり方

『ドリルの2ページをやる』と具体的に出題される宿題は得意だけど、『なんでも良いからノート1ページ学習する』という宿題は苦手だという子が多いです。

なんでも良いって言われると、どうしたら良いかわからなくなっちゃうんですよね。

自分で考えるのが苦手・嫌いなのでしょう。

 

「自由」って言われると「不自由さ」を感じてしまうこと、大人のあなたにも経験があるのではないでしょうか?

 

小学校に入って、『自主学習』という宿題が出されたときに、親子で悩んでしまうのもわかる気がします。

自主学習って何?
小学生の自主学習って効果があるの?何をやるの?私が小学生の頃の宿題と言えば、『書き取り』『計算ドリル』『本読み』の3点セットが主流でした。 書き取りと言えば、1ページに同じ文字...

 

逆に言うと、

どうやって勉強したらよいかがわかれば

さらに勉強が理解できるようになれば

もっともっと楽しく勉強するようになるのです。

 

子供が勉強しないのは「家」だけだとしたら

保護者面談をすると、学校ではとても素行の良い息子。

塾の先生からも、いつもしっかり勉強していますよ~っていう話を聞きます。

 

ひょっとして家で勉強するときだけ、集中できていないのかも?と思ったこともあります。

環境は少しずつ整えて、なるべく一緒に勉強をするようにしていますが、家での勉強が安定して出来るようになったのは塾に通い始めてからでした。

でも塾って先生との相性がありますからね。通ったから必ずしも成果が出るとは限りません。

 

もし、あまりに家で勉強しないから塾へ・・と考えているのであれば、体験だけは絶対にした方が良いですよ。

家の近くで体験できる塾を無料で探してくれるサイトを利用するのが近道ですよ。