小学生の子どもの教育に悩むママへ
親を想う

お盆とはいつからいつまで?お盆飾りや送り火のこと調べてみました

真夏の空

帰省したため、家族でお墓参りに行ってきました。

お盆前だからか、普段と違ってたくさんの人がお墓参りに来ているのを見かけ、息子が疑問に思った様子。良い機会だからとお盆のことを一緒に調べて話してみました。

 

この記事でわかること
  1. お盆とは何か
  2. いつからいつまでか
  3. 迎え火・送り火とは?
  4. お盆飾りについて

 

詳しく見ていきましょう。

お盆って何?

お盆飾り1

お盆には、先祖が浄土から帰ってくると言われている期間です。古くからこの期間に精霊をお迎えし、供養することが行事となっています。

 

お盆はいつからいつまで?

東京では7月15日を中心にお盆の行事を行うことが多いですが、地域によって期間は異なり8月15日を中心に行うところが多いです。

 

最も一般的なのは、8月13日~8月16日の4日間です。この時期に田舎に帰りお墓参りをする人が多いのはそのためですね。

今年も8月11日より帰省ラッシュが始まりました。Uターンラッシュは8月15日頃とのこと。時間に余裕をもって移動できると良いですね。

 

 

迎え火・送り火のこと

お盆飾り2

迎え火とは

先祖の霊が戻ってくる時に迷子にならないように、火を炊くお盆の風習です。

一般的に8月13日の夕方に行います。昔はお墓の前で火を炊いて、自宅の玄関先でも火を炊いていましたが、今では自宅の玄関先でのみ火を炊く方が多いです。

 

先祖が戻ってくるときには、足の速いきゅうりの馬に乗って帰ってくるのです。

 

送り火とは

送り火はお盆の期間を一緒に過ごした先祖の霊を送り出す習慣です。

迎え火と同じ玄関先で火を炊きます。

 

浄土に帰るときには、ゆっくりと景色を楽しみながら帰れるように、ナスの牛で帰っていきます。

 

お盆飾りとは?

お盆期間中は、仏壇の飾り方を普段と変えたり精霊棚を用意したりします。

期間中に帰ってくる先祖の霊をもてなすためのお盆飾りという風習です。

 

最近では、スペースの問題で仏壇とは別に精霊棚を用意するのは難しくなっています。家庭の環境に合わせて、出来る範囲で用意すれば良いのです。

また、大切なのは亡くなった方をお迎えしようと言う気持ちです。無理はせず家庭環境に合わせたお盆飾りを用意したいですね。

 

おわりに

おわりに
この記事でわかったこと
  1. お盆とは先祖が浄土から帰ってくると言われている期間
  2. 一般的に8月13日から4日間
  3. 先祖が迷子にならないように迎え火を、見送りのために送り火を炊く
  4. お盆には先祖の霊をお迎えするために精霊棚を作る

お盆で何をするか、いつやるかは、地域や宗教によって異なりますが、離れて暮らす家族や親せきが集まり、顔を合わせる良い機会と言えます。

田舎に帰ることが出来ない場合にも、田舎を思い出して電話一本入れてみるのも良いですよね。