小学生の生活

お年玉の相場|小学生のお年玉事情 いくらあげる?何に使う?大切なのは使い方を教えること

お年玉の使い道

小学生にとってお正月の一番の楽しみといえば

お年玉

ですよね。

 

あなたはお子さんにいくら渡すつもりですか?

親戚の子供への用意は済んでいますか?

 

この記事では、

  • お年玉金額の相場
  • 上手な貯め方
  • 計画的な使い方

 

をご紹介します。

 

小学生はこの機会にお小遣い帳をつけ始めるのもおすすめ。

上手に貯められることはもちろんですが、計画的に使える子に育ててあげたいですね。

小学生のお年玉の相場金額は

小学生のお年玉は2000円から3000円

小学校低学年のお年玉相場は、2,000円

小学校高学年のお年玉相場は、3,000円

です。

 

少ないと感じますか?多いと感じますか?

 

ちなみに

未就学児(3歳〜6歳)は500円〜1,000円をもらっている子が最も多く、中学生になると5,000円に上がっています。

 

子供の数が減っているので、大人1人が渡す金額が昔に比べると増えています。

ですが、与えすぎてしまうとお金の価値がわからなくなってしまいます。

おじいちゃん・おばあちゃんが大金をくれたとしても、子供に管理させる(持たせる)金額は親が決めてしまても良いですね。

その場でとりあげるのではなく、仮に高学年のお子さんが5,000円をもらったら、子供に3,000円を渡し、2,000円は子供用の口座に預けてしまうと良いでしょう。

 

小学生のお年玉の貯め方

お年玉のいくらかを貯金して貯めようと考えた場合、銀行口座を2つに分けておくことをおすすめします。

同じ総合口座の、普通預金と定期預金でも構いません。

 

使いたいときに気軽におろせる口座と、大きな目標に向けて貯めていく口座の使い分けを覚えてもらうことが目的です。

 

小学生のお年玉の計画的な使い方

もらったお年玉を全部貯めておきたい気持ちもわかりますが、小学生、特に高学年になったら、使い方も勉強しておくと良いですね。

新しいノートや勉強したい本、スポーツタオルなど、自分で使うものを買ってみる練習をしておきましょう。

 

このとき、金額の目安は親子で相談してきめますが、買うものについては、口を出さない方が良いです。

失敗したなって思っても、それが経験となります。

予算の範囲内で子供が決めたものを買わせてみましょう。

 

 

お年玉は日本の伝統行事です

お年玉のマナー

お年玉にもマナーがあり、4のつく数字は縁起が悪いとされてます。

4,000円を渡すのは避けましょう。

 

また、お札を追って袋に入れる場合は、表が内側にくるように三つ折り(左・右の順で折る)にするのが普通です。

 

もらう側はなんでも嬉しいと思っているでしょうが、お正月なので、日本の昔からの習わしに沿ってみるのも悪くはありません。

子供にお年玉をあげられる期間もそう長くはありません。

是非、日本の伝統行事を楽しんでください。

 

普段のお小遣い事情はこちらの記事が参考になります。

子供の小遣いはいつから?相場は?管理は?将来のためにお金の話をしよう

お役に立てる情報があれば、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村