小学生の子どもの教育に悩むママへ
在宅ワーク

子育てしながらパートで働くあなたも個人事業主になれる!注意するべきことは何?

ビジネスマン

退職届を無事に提出し、同僚への挨拶で渡すプレゼントの準備もOK!

いよいよ、新しい環境での仕事に向けて気持ちを整理していく段階になりましたが、まだ日があるため少し気持ちが脱線しています。

 

次の仕事は、これまでよりは働く時間の調整がしやすくなるので、ブログにかけられる気持ちも時間も大きくなります。

そうなると、もっとブログで収益を上げたい!そして、いつかは出したい『開業届』の夢が膨らみます。

 

そりた
そりた
会社って辞めなくても個人事業主になれるの?

そう。パートで働いている私でも個人事業主になれるのです。

 

この記事では、パートで働く主婦が個人事業主になるために必要なことをご紹介します。

開業届を出す時に注意したいこともまとめていますので参考にしてください。

 

会社で働いていても個人事業主にはなれる

「会社を辞めて独立して事業を展開している人」= 「個人事業主」

は何となく理解できます。

でも、

仕事をしながら隙間時間で稼ぐ副業をしていても、『個人事業主』になるのは、何故本業を辞めないのか不思議になるくらい稼いでいる人だけ、そんな風に思っていました。

しかし!

サラリーマンだろうが、パート主婦だろうが、専業主婦だろうが、なんなら未成年の学生だって、個人事業主になることが出来るのです。

 

未成年の場合は手続きが一つ増えます。法務局で「未成年者登録簿」という未成年であることを登録する証明書を提出する必要があります。

 

個人事業主とは

個人事業主の定義

個人事業主の定義は

『独立・継続・反復』している事業を行う
『法人を設立しないで自ら事業を行っている人』

です。

 

例えば、雑貨を販売するお店なら、取引先から仕入れてお客様に売るという行為を繰り返し行っているので、事業と言えます。

一方で、家にある不用品をメルカリなどリサイクルショップで販売するのは、1回限りのことなので、事業とは言えませんよね。

 

また、どこかの企業に属している場合は、個人事業とは呼びません。

 

個人で事業を始めたらすぐに開業届を出すの?

はじめは『雑所得』として
⇒継続するとわかったら『事業所得』として確定申告を

ブログ・FX・株など、会社員として働きながら副業で収益を上げている場合、個人事業主として開業届を出す方が増えています。

個人で事業を始めたあなたも、開業届を出さなければいけないのかしら?と悩むことがあるでしょう。

 

でも、その事業が継続するかどうかは、すぐにはわかりません。

また、始めたばかりは収益が少ないことも十分考えられます。

継続することがわかるまでは、また一定の収益が出るまでは、開業はせず『雑所得』として確定申告をするという方法もあります。

 

目安としては、年間の所得が20万~50万円程度、今後も継続して事業を続けていけそうだと判断したら個人事業主として開業届を出し、青色申告をすると良いでしょう。

年間の「経費を差し引いた所得」が20万以上の方は、確定申告が必要です。

 

収益別個人事業主のおすすめ度

副業での所得が安定したら、個人事業主を検討しても良いでしょう。目安を記載します。

安定した月間所得ごとの目安は次の通りです。
※金額は、収益ではなく所得(経費を除いた金額)です。

1万円未満
個人事業主になる必要はありません。
引き続き頑張りましょう。
1万~2万円
サラリーマン・社保パートの場合、年間所得が20万を超えそうだと思ったら個人事業主を検討しましょう。
2万~5万円
主婦・扶養内パートの方でも、年間所得が38万円を超えそうだと思ったら個人事業主を検討しましょう。
5万~10万円
個人事業主になり、メリットを有効に活用してください。
10万円以上
60万を超えたら法人になっても良いかもしれませんね。

 

パートのあなたが個人事業主!注意することは?

 

個人事業主として注意すること
  • 確定申告が必要
  • 複式簿記で経理を管理する
  • 失業保険が出ない
  • 扶養を外れる可能性も?

順に見ていきましょう。

 

確定申告が必要

一度開業届を出してしまったら、例え年間の所得が20万円を下回ったとしても確定申告が必要です。

ただし、青色申告承認申請書を提出していれば赤字を3年間繰り越すことは出来ます。

複式簿記で経理を管理する

簿記を覚えて経理を管理していく必要があります。

 

慣れるまでは大変ですが、お金の流れをきちんと把握できるので勉強になります。

本業に活かせることも出てくるかもしれませんね。

 

失業保険が出ない

例えばパートを辞めて個人事業主になる場合、すぐに開業届を出すと失業保険はもらえなくなります。

開業届のタイミングは慎重に考えましょう。

 

扶養を外れる可能性が?

旦那さんの扶養範囲で働いていた場合、個人事業主になることで扶養を外れなくてはいけない場合が出てきます。

 

年収が130万円を超えると、社会保険の扶養は外れなければなりません。

その場合、自分で保険料を納める必要があるので注意が必要です。

 

 

おわりに

個人事業主になる!と決めたなら、扶養のことを考えて働き方をセーブするのではなく、自分の力を信じて、ガンガン収益を上げていきたいですね。

また、もともと社会保険料を自分で払っているパートのあなたは、扶養に関する注意点は気にすることなく稼いでいきましょう。