小学生の子どもの教育に悩むママへ
小学生の教育

小学生の学習塾はいつから?中学受験しなくても4年生の冬がおすすめな理由

塾の教室

小学校の授業も4年生・5年生あたりから、ちょっと難しくなります。

夏休みの宿題で親が丸付けをするとして、模範解答を見なくても大丈夫なのって3年生か4年生くらいまででしょう。

 

5年生の学習は、親でも『あれ?なんだっけ?』『これであってるんだっけ?』と悩むことが増えてきます。

すると家庭で勉強を見ることへの限界を感じて、学習塾を検討する親が多くなります。

 

また、私立受験を考えている家庭では早ければ4年生、遅くても5年生になると進学塾に通うようになります。

それに感化されて学習塾を考える方もいるようです。

 

もし、学習塾に通わせるなら、進級した春ではなく冬がおススメです。今回の記事では、学習塾に通わせたいと考えているお父さん・お母さんに、冬の入塾がおすすめの理由を説明します。

時期を悩んでいるなら、是非『冬の入塾』をご検討くださいね。

 

学習塾以外の習い事も考えている方は、『小学生に人気の習い事ランキング!費用やメリット、通った感想も紹介』で、人気の習い事をチェックしましょう。

習い事人気ランキング
小学生に人気の習い事ランキング!費用やメリット、通った感想も紹介小学生になると習い事を始めるお子さんは多いですよね。でも、いざ何かを習おうと思っても、何が子供に向いているのかなんてわかりません。 ...

 

 

学習塾に通った理由

なぜ学習塾に通ったか

子供が学習塾に通うようになったのは、『学校の授業がわからない、他の子みたくスラスラ問題が解けるようになりたい』と言い出したのがきっかけでした。

正直、「え?」って思いました。宿題は毎日見ていたし、問題につまずいている様子もなく、またテストの点数も悪くはなかったからです。

 

よく話を聞いてみると、子供が塾に通っている子のこんなところがうらやましいようでした。

  • 学校で初めて習うことを既に知っている
  • 計算のスピードが速い

学校で初めて習うことを既に知っているのは、塾は学校より少し先に進んでいるからですよね。予め内容を理解した上で授業に臨んでいるので、発言も多いようです。

また、その発言に自信があります。

 

計算のスピードが速いのは、数をたくさんこなしているからですね。公文やそろばんに通っている子はとにかく計算が速いです。

 

どちらもその気になれば家で頑張れる内容です。家で予習をすれば良い・計算の練習を何度も繰り返せば良いのですから。

 

それでも、私が学習塾を選んだのは

  • 学童保育を卒所し、時間の過ごし方を悩んでいた
  • 塾に通う友達が増え、放課後に遊ぶ友達が減っていた
  • 親が教えるには限界があり、上手に教えるのはプロを頼ろうと思った

からです。

 

学習塾に通うなら4年生の冬からがおすすめの理由

4年生の冬がおすすめの理由

5年生からぐんと授業が難しくなる

小学校の授業は5年生になるとぐんと難しくなります。親が見ても「なんだっけ?」と思うことがしばしば。

また、5年生になると学校の中でも上級生として位置づけられ、先生たちの期待も高まります。

環境が変わって忙しくなり、授業が難しくなるタイミングで、学習塾にも通い始めるというのは、子供への負担が大きいのです。

 

そのため、5年生になる前に学習塾に通い始めておくことをおすすめしたいのです。

特に算数は4年生の内容を理解してから進級してほしい

どんな授業でも、去年の内容を理解して今年、今年の内容を理解して来年に繋がっています。

特に算数は、その傾向が強く今年の内容を理解していなければ、来年の問題が解けることはありません。

 

難しいと感じたら1つ前の単元を理解しているかどうかを振り返ることになりますが、授業が難しくなる5年生になってから、4年生の問題を振り返っていると、どんどん授業に置いていかれてしまいます。

4年生の算数は、4年生のうちに理解しておいてほしいので、そのための期間を3か月みると、冬に通い始めるのがおすすめ!となるのです。

 

学年ごとの算数の理解度を確認するには、算数検定の受検が便利です。算数検定を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

【算数検定】小学生の算数力を高める実用数学技能検定を受けよう

算数検定
【算数検定】小学生の算数力を高める実用数学技能検定を受けよう小さい頃から算数や理科が大好きだった私が、子供の頃にあれば絶対受けていただろうなと思うのが算数検定です。 算数検定は、正式名称を実...

放課後遊ぶ友達が減る

特に共働き家庭では悩ましい問題です。

4年生で学童保育を出てやっと放課後の過ごし方に慣れてきた頃、友達が一人また一人と、塾や習い事を始めます。

するとある日、放課後に遊ぶ友達がとても少なくなっていることに気が付きます。

 

私の中では【小学5年生の壁】として、問題提起したいほどです。

 

放課後の子供が安心して過ごす場所として、学習塾を検討し始める季節、それが4年生の冬だと思うのです。

 

学習塾に通って良かったこと

子供の自信

子供の自信につながった

一番嬉しかったのは『学校の授業がわかるようになった!』と子供に言われたことです。勉強が楽しいと感じてもらえるのは嬉しいことですよね。

 

授業中、発言する回数も増えました。今までだって発表が「0」ではありませんでしたが、自分は塾でも同じ内容をやっているという思いが自信につながり、手を挙げやすくなったようです。

 

勉強をする習慣がついた

また、毎日宿題が出ているので、学校の宿題以外に勉強をする習慣がついています。学校の宿題も30分~1時間かかっていますが、+で30分ほど学習しています。

プラスで行う【塾の宿題】をやる時間はです。

 

5年生になると学校の授業は6時間の日が増えます。帰宅が遅く、その後は習い事に通い、学校の宿題をやるだけで、塾の宿題まで手が回りません。

そこで我が家では、学校の宿題以外の勉強は『朝活』として取り組んでいます。

優雅な時間
朝活を極めたら子供と過ごす時間が増えて幸せな気持ちが増えましたおはようございます。そりたです。 私は早起きが得意です。仕事に出かける前に家のことをしたいと思って5時起きするようになり、4時半→...

 

検定試験を受けやすい

さらに、学習塾では検定試験を団体受験として受けることができるのも良かったことの一つです。今年は、英検と漢字検定を受ける予定があります。

 

私が小学生のうちに受けさせたいと考えている検定が3つあります。それは漢字検定英語検定算数検定です。

詳しくは『小学生におすすめの検定は?人気の漢検・英検・算検を受けよう!』で紹介してるので是非参考にしてみてください。

検定を受けよう
小学生におすすめの検定は?人気の漢検・英検・算検を受けよう!小学生のお子さんに、何かチャレンジしてもらいたいことありますか?これからの頑張り次第で何にでもなれるチャンスのある子供が目標に出来るもの...

 

 

おわりに

勉強するタイミング

学習塾もその他の習い事も、始めるのは簡単です。でもやめるのは勇気がいるものです。

親としては始めた習い事を簡単にやめてほしくないという思いがあるからです。

 

だからこそ、通うタイミングは大切にしてもらいたいと思います。また、『小学生の子供が習い事に通う前によく考えておきたい5つのこと』を参考にして準備をしてから通うようにしてください。

始める前に考える
小学生の子供が習い事に通う前によく考えておきたい5つのこと小学生のお子さんが習い事に行くと決めたら、どんなことを思いますか? 悩みはつきません。 『習...

 

また、いざ通うと決めた時、学習塾をどうやって探すか悩んだら、こちらの記事もおすすめです。

【小学生の塾】何年生でどこに通っている?どうやって探す?66人にアンケート