自主学習

月の和名を言えるかな?睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神無月 霜月 師走

月の和名

この記事では、小学校4年・5年・6年の自主学習として『月の和名と由来』調べをおすすめしています。

教科 社会
対象学年 4年・5年・6年
概要 月の和名と由来を知ろう
難易度

旧暦の和風月名 名前の由来を知ろう

旧暦 和名 読み方 由来
1月 睦月 むつき 正月に親戚が集まり親しくする睦びの月
2月 如月 きさらぎ 寒さが残っていて重ね着する月
衣更着(きさらぎ)
3月 弥生 やよい 草木が生い茂る月
4月 卯月 うづき 卯の花の月
5月 皐月 さつき 早苗を植える月
6月 水無月 みなづき 田に水を引く月
7月 文月 ふみづき 稲の穂が実る月
8月 葉月 はづき 木々の葉落ち月
9月 長月 ながつき 夜の長い月
10月 神無月 かんなづき 全国の神々が出雲大社に集まり、神々が留守になる月
11月 霜月 しもつき 霜の降りる月
12月 師走 しわす 師匠も忙しく走り回る月

 

和風月名について、少し詳しく調べてみましょう。

1月 睦月(むつき)の由来

睦月は、正月に親戚が集まり親しくする睦びの月という説が有力

他にも

  • 稲の実をはじめて水に浸す月で、「実月(むつき)」が転じて睦月になった説
  • 正月ということで、元になる月という意味から「もとつき」が「むつき」になったという説

があります。

2月 如月(きさらぎ)の由来

如月は、寒さが残っていて重ね着する月という説が有力

着物を更に重ねて着る⇒「着更着(きさらぎ)」または「衣更着(きさらぎ)」

他にも

  • 気候が陽気になる季節で「気更来(きさらぎ)」「息更来(きさらぎ)」とする説
  • 草木が生え始める月で「生更木(きさらぎ)」とする説
  • 草木の芽が張り出す月で「草木張り月(くさきはりづき)」から転じて「きさらぎ」となる説

があります。

3月 弥生(やよい)の由来

弥生は、草木が生い茂る月という説が有力

弥生の『弥』は「いよいよ・ますます」の意

弥生の『生』は「草木が芽吹くこと」を意味しています。

また、読み方は「いやおい」が変化し、「やよい」になったと言われています。

4月 卯月(うづき)の由来

卯月は、卯の花の月という説が有力

卯月の『卯』は「初」・「産」を意味する「う」であるため、1年の循環の最初の月という説もあります。

5月 皐月(さつき)の由来

皐月は、早苗を植える月という説が有力

耕作を意味する古語「さ」から、稲作の月として「さつき」になったという説もあります。

 

6月 水無月(みなづき)の由来

水無月は、田に水を引く月という説が有力

水無月の『無』は、「の」にあたる連帯助詞「な」で、「水の月」という意味。

旧暦の6月は梅雨が明けた時期となるため、水の無い月という説もあります。

7月 文月(ふみづき)の由来

文月は、稲の穂が実る月という説が有力

短冊に歌や文字を書き、書道の上達を祈った七夕の行事にちなんで、「文披月(ふみひらきづき)」が転じたとする説もあります。

 

8月 葉月(はづき)の由来

葉月は、木々の葉落ち月という説が有力

稲の穂が張る月「穂張り月」「張り月」から「葉月」になったという説もあります。

9月 長月(ながつき)の由来

長月は、夜の長い月という説が有力

ほかにも

  • 「稲刈月(いなかりづき)」「稲熟月(いなあがりつき)」「穂長月(ほながつき)」の略という説
  • 稲を刈り納める時期のため、「長」は稲が毎年実ることを祝う意味からという説

があります。

10月 神無月(かんなづき)の由来

神無月は、全国の神々が出雲大社に集まり、神々が留守になる月という説が有力

また

  • 神を祭る月であることから「神の月」とする説
  • 雷の鳴らない月で「雷無月(かみなしづき)」が転じたとする説
  • 新穀で酒を醸す月なので「醸成月(かみなしづき)」が転じた説

があります。

11月 霜月(しもつき)の由来

霜月は、霜の降りる月という説が有力

十は満ちた数で一区切りなので上月になり、それに対して下月とする説もあります。

 

12月 師走(しわす)の由来

師走は、師匠も忙しく走り回る月という説が有力

ほかにも

  • 「年が果てる」意味の「年果つ(としはつ)」が変化したとする説
  • 「四季果てる月」を意味する「四極(しはつ)」からとする説
  • 「一年の最後になし終える」意味の「為果つ(しはつ)」からとする説

があります。

⇒ 自主学習ネタ一覧を見る。